05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.24 (Thu)

幸多郎くん葬儀終わりました。

本日幸多郎くんは仲間に見守られ、あきる野市のやすらぎの森さんにて
荼毘に付されました。

やすらぎの森

ここは高台にドッグランも併設されていてとても景色のいい所。

幸ちゃんは49日にはここの合同墓地へ埋葬されます。

ドッグラン

ここならみんな、ワンコ連れで遊びに来れるね^^

ラン


幸ちゃん、淋しくないよね。

祭壇

お別れは辛いけど

mochi

私たちは幸ちゃんの事を忘れない

kumi

よくがんばったね

kalen

また会おうね

minori

ワン達もちゃんとさよなら言えたね

uiane

ひまわり

いつもおひさまを向いているひまわりと一緒に。

お花に

いってらっしゃい!

さよなら

応援して下さった皆様、ありがとうございました。

ありがとう

引き続き、
HappyLabs
保護ワンズの応援をよろしくお願い致します!
スポンサーサイト
23:59  |  .虹の橋を渡った子たち◎幸多郎(こうたろう)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.23 (Wed)

幸多郎くん、虹の橋を渡りました。

皆様にご心配いただき、応援して頂きながら頑張ってきた
幸多郎くんですが、

5月22日20時50分永眠いたしました。

寝ている幸ちゃん

5月15日にセンターから元気が無いと連絡を受け緊急保護し、
そのまま健康診断のつもりが入院になってしまった幸多郎くん。

福生市のエールペットクリニックさんにお世話になりました。
腎不全で一刻を争う治療がが必要だった幸多郎くんのために
先生は8日間泊り込み、寝袋で寝ながら1日に何度も血液検査を
し、私たちの「望みを捨てずに最後まで治療したい」と言う
気持ちを汲んで下さり、最後まで最善を尽くして下さいました。
看護師さんたちも、幸多郎くんを毎日励まし、いつもきれいにして
下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。

保護当初の数値は
血中尿素窒素 基準値9.2~29.2のところ>140(希釈前)
クレアチニン  基準値0.4~1.4のところ20.5
リン      基準値1.9~5.0のところ>15
カルシウム  基準値9.3~12.1のところ5.6

おさんぽいきたい顔

とても危険な状態でしたが、懸命な治療でなんとかお散歩に行ける
まで元気になり、一度は笑顔を見る事もできました。

酵素水を飲む幸ちゃん

えがお

21日は「幸せが多くきますように」って幸多郎と名前をつけてくれたメンバー
、パンちゃんも青山イベントから駆けつけ、元気になったら預かる予定だったので
「お部屋のスペースを空けて、幸ちゃんが来るのを待ってるからね!」と
伝えると、とても嬉しそうな顔をしていました。

嬉しいね

5月21日の時点で貧血が悪化、輸血が必要になりハピラブ卒業犬のみのり
から200ccの血をもらい輸血。
ヘマクトリット11%から15%に回復し、呼吸も楽になりましたが
翌朝はまた数値が下がり、呼吸も苦しくなってきましたので
翌22日にやはりハピラブ卒業犬のエリーより200cc、先住犬のアルちゃん
からも200ccもらって輸血。

頑張っている幸ちゃんの様子です。

おいさんと

落ちかけた数値がまた上がり、貧血は改善されてきましたが
幸ちゃんの体力も限界に来ていて、回復の方向へ進む事が出来ませんでした。

最後は、センターから引き出したメンバーくみさんの腕の中で、穏やかに
呼吸を止め旅立って行ってしまいました。

先生が幸ちゃんの体をきれいに洗ってくれて、みんなで泣きながら
幸ちゃんにお疲れ様とありがとうを言いました、、、。

寝顔

1人で旅立たずに済んだこと、そして苦しまず安らかに逝けたことだけが救いです。


応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。


もっと早ければ、、と悔しくて残念な気持ちは隠せませんが、
幸ちゃんはきっと、飼い主さんに可愛がられた記憶の中で幸せに旅立ったはずです。
絶対にそうであってほしい。

たった8日間の私たちとの出会いでしたが、幸ちゃんは沢山の事を教え、
与えて行ってくれました。

ありがとう幸ちゃん。
次に必ず活かすよ。
また会おうね!


【葬儀のお知らせ】

明日5月24日AM11:00よりやすらぎの森にて葬儀を執り行います。

その時間もしよろしければ幸多郎くんにお気持ちを飛ばして頂けると嬉しいです。

一緒に旅立ちのお手伝いをして頂ける方がいらっしゃいましたら
ドックランも併設されておりワンコ連れでご参列頂けますので
よろしくお願い致します。
21:35  |  .虹の橋を渡った子たち◎幸多郎(こうたろう)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.22 (Tue)

幸多郎くん輸血始まりました。

20日は「今日は青山のイベントで、メンバーさんたちが幸ちゃんのために、
頑張ってくれているんだよー」と話すと、幸ちゃんはわかったような顔をしていました。

朝の様子も変わりなく、腹水も浮腫も減っていて、わりと元気でした。

夕方からメンバーのらいままさんとまっくんママが来てくれ、青山からは
代表のmochiさんと幸多郎の次のお預かりのパンちゃんさん、メグちゃんも駆けつけて
くれみんなでお散歩もできました。

5.20

やっぱりお外は嬉しそう!

寝ないで座って景色を見たいというようなかんじで、笑顔で風を感じながら、
草の匂いを嗅ぎながら歩いていました。
帰ってからもニコニコで明日も元気になってくれると信じていましたが、



翌21日は、朝からだるそうにしていました。
先生の点滴で改善されてきた所もあるのですが、やはり口から物を食べないと
言う事が6日も続くと、点滴だけでは補えない栄養障害が出てきます。

夕方にはメンバーのウイアネさんがマッサージをしにきてくれ

・伜・逵歙6+1_convert_20120522040202

とっても気持ち良さそうな幸多郎くん。
終わるとむくっと起き上がりケージから出ようとしてびっくり!

ガビガビの鼻用にらいままさんがクリームを作ってきてくれて塗ってくれ
みんなにお世話されながら嬉しそうに照れくさそうにしていた幸ちゃんでしたが、
どうしても貧血が改善されず、息が荒く、首も支えるのがやっとになってきたので
輸血して自分で血液を作り出すようになれる事に賭け、20%まで改善を目指して
輸血をする事になりました。

蜀呻スら悄_3+1_convert_20120522040145

今夜は幸多郎くん、輸血直前はヘマクリット11%まで落ち、先ほど200ccを輸血をしました。

・句・逵歙2+1_convert_20120522032347

明日も引き続き輸血が必要になります。


元気な幸多郎くんになるまで応援よろしくお願いします!

03:11  |  .虹の橋を渡った子たち◎幸多郎(こうたろう)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.20 (Sun)

幸多郎君がんばってます!

5月15日に緊急保護した幸多郎くん。

幸多郎②

センターでこんなに元気に見えたけど、身体の中は限界ギリギリのところまで来ていたの
かもしれません。

この3日後にセンターから「容体が急変しました」と連絡があり緊急保護に至りましたが
きっと長いこと病気と闘って来たのでしょう、、、;;

預かりスタッフへ移動の前に必ず行う検査の為訪れた病院で、
即入院となった幸多郎くんは一時はかなり悪い状態になりましたが、
24時間泊りこみの体勢で献身的に治療して下さった
先生のおかげで今は小康状態を保っています。

当初の治療は
・高カリウム血症による心臓への負担を抑えるためのグルコースインスリン療法
・血中尿素窒素・クレアチニン・リンの調整輸液、
 なかなか安定せず過剰輸液による浮腫、腹水貯留あり
・17日、18日に腹水の50%以下のみ除去
・低蛋白血症の為輸液量をやや抑える
・マントニール・クロセミドの利尿剤にて尿量治療中
・腎性貧血の為エリスロポイエチン注射投与
・ビオペテリナリー経口投与

一時はどうなる事かと思いましたが、病院で先生が1日3回の血液検査を行い、
それを見ながら必要な点滴処置をして下さる事でなんとか命をつなぐ事が出来ました。

センターに居るときから暗く哀しい表情をしていた幸多郎くんにもう一度元気になって
もらおうと、先生にお許しを頂き、代表のmochiさんとメンバーのあるママさんが、
カートでお散歩に連れ出してくれました。

幸多郎②3

風のにおい、草の匂い、おひさまの匂いだよ幸多郎くん!

幸多郎②4

退院したら毎日行こうね! 

幸多郎②5

このあと幸多郎くん、病院へ戻るとカートから降り、自分でスタスタと歩こうと
してみんなを驚かせたんですよー!

もちろん先生の治療あってこそですが、これには先生も「薬や点滴に勝る効果ですねー」と
感動されていました^^

数値も保護当初20以上あったクレアチニンが今は13まで下がっています。
今朝も元気に顔をあげてお水が飲めました!

幸多郎②6


まだまだ予断は許されませんが、このまま快方に向かってくれる事を祈ります。

幸多郎くん、もう一度私たち人間にあなたを助けるチャンスを与えてね。

幸多郎くんが、また愛情いっぱいの暮らしが出来ますように!

生まれてきて良かった、楽しかったと思ってもらえますように!

引き続き入院治療が必要になります。

どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願い致します!


14:22  |  .虹の橋を渡った子たち◎幸多郎(こうたろう)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.17 (Thu)

幸多郎くんの応援お願いします。

代表のmochiさんが他のこの接見にセンターに行った時、職員さんから
「どこからもお声がかからない茶ラブがいます」と
声をかけられたのが今月の頭頃でした。

そのヒグマのようなじーちゃんラブはガラスの向こうでとても悲しい表情で

でも外に出るととっても嬉しそうで

幸多郎①

少し足は弱ってるけど、もうだいぶおじーちゃんだけど、とても優しいおだやかな子

幸多郎③

幸多郎⑤


大丈夫!待っててね!と約束して

幸多郎②
                                           (撮影:くみさん)

メンバーさんでこのおじぃちゃんのケアをしてくれる
預かりさんが見つかったので引き出しに向けて準備をしている時に

「元気が無くなってきています。体調も良くないようです」と連絡が入ったため、
翌日の5月15日に緊急に引き出しそのまま病院へ連れて行きました。

幸多郎④

p5.16写真_1~1


長い間腎臓に持病を抱えていたらしく、あまりいい状態ではない為、
そのまま入院し今は点滴を受けながら回復を目指して頑張っています。

幸多郎⑥


名前は、これからお預かりをしてくれるメンバーが
「幸せが沢山来るように!」という思いを込めて
【幸多郎】くんと名付けてくれました。

どんな過去だったかはわかりませんが、
皮膚状態、体の状態から見ても決していい環境ではなかったはず。
それでも人間を嫌いにならないでいてくれた幸多郎くん、、、。

これから絶対に幸せにしてあげるから頑張って!

まだまだ入院治療が必要になりますが、幸多郎くんが早く回復する事を願うばかりです。

どうか皆様もあたたかく見守って下さい。パワーを送ってあげて下さい。

よろしくお願い致します!

幸多郎くんの情報はこちらです

_DSC5002_convert_20120517142141.jpg


幸多郎くんに、皆様の応援をよろしくお願い致します!



15:01  |  .虹の橋を渡った子たち◎幸多郎(こうたろう)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。